葬儀は方法を把握してから行おう・マナ~を守って慎重に

合掌

故人の思いに

数珠と香典

家族葬とは、近親者のみが集まって行う葬儀でして、基本的には普通の葬式と同じで、最後は火葬で終わります。ただ場所によっては火葬してから、葬式、告別式と行うところもあります。家族葬をする理由は、葬儀にあまりお金をかけたくない、故人の希望などとで行われます。そして葬儀の規模が小さくなることで遺族の負担が軽くなる為、ご遺族の希望者が増えてきています。それで葬儀屋もそういうニーズに合わせて、家族葬のプランを積極的に売り込んでいます。家族葬の問題点は、家族以外の人達をどこまで葬式に招待するかです。親戚でも近所の人達でも出来るだけ呼ばない方が、精神的にも肉体的にも負担が軽くなりますが、呼ばれなかった人は故人とのお別れの機会を奪われるわけですから、いい気持ちをしません。だから火葬だけを家族でやって、葬式には呼んでこじんまりとやる時もあります。そして葬儀屋自体が通夜・告別式を省いてそのまま火葬する簡易型プランをも提供して、家族葬はさらにシンプル化していってます。ここまで来ると本当に誰も呼ばない、葬儀屋と家族だけの葬式になっています。呼ばれなかった人達は、誰も呼ばれていないならと、差別的扱いを感じませんが、それでも故人とのお別れの機会が、無いことであまりいい気持ちはしないでしょう。家族葬は葬式での残された家族への負担を軽くするとはいえ、周辺への人達への配慮が欠ける分、あまり良い方法とは言えないものが有ります。