葬儀は方法を把握してから行おう・マナ~を守って慎重に

会場

同じだが費用や規模が違う

霊柩車

葬式には2つの種類があるといわれています。その一つが家族葬です。家族葬は、家族や親族のみの参加で行われる葬儀の一つです。より落ち着いて故人を送るなら、家族葬を行うのも一つの方法といえます。

Read More...

故人の思いに

数珠と香典

家族葬や一般葬の種類を問わず、葬式の最後は火葬を行います。家族葬はあくまで参列者が限られてきます。そのため、どうしても参列できなかった人達の気持ちを考えることも大切といえます。

Read More...

家族だけのお見送り

線香

近い人の死は大きな悲しみをもたらします。生前の面影や声、そして優しさなどが時間を経るごとに強まってきて、耐え難い悲しみとなることさえあります。しかしながら、そうした感慨に浸る間など微塵もないのが現実です。自宅で死を迎えた場合は警察の検証が行われる場合もありますし、その後の医師による死亡証明書の取得、通夜や告別式の手配等々、時間に追われっぱなしになることも、しばしばなのです。それに費用も次から次へと、かさんでしまいます。そんなときは、家族葬をお考えになられたらいかがでしようか。ご近所さんや会社関係を呼ばず、家族による必要最低限の葬儀です。最近は、火葬だけを行う家族も増えてますし、家族だけが集う家族葬にも注目が集まっています。物々しい葬式ではなく、親しい家族だけが集まって故人を偲ぶのが家族葬なのです。そして、最近は家族葬を扱う葬儀社が増えてきています。むろん、法律で火葬は義務付けられていますから、どのようなプランにも火葬は含まれており、あとは家族の要望に合わせていろいろなオプションが用意されているものがほとんどです。お供えの花、葬式のためのスペースの広さ、飲食するためのもの、供物など、家族の意向に沿って、式がつくられていくのです。火葬の前に故人をしみじみと偲び、そしてお別れを告げる家族葬は、形式にとらわれない新たな葬式のスタイルといえましょう。現代は、自分の意思で、葬式がコーディネートされる時代なのです。

どのように執り行われるか

お焼香

葬儀の際には会場を用意する必要がありますが、あまり大きな会場は用意したくないという時もあるでしょう。そのような時は家族葬を行うといいでしょう。家族葬を行うときはあくまで故人の気持ちを考えてみましょう。

Read More...