葬儀は方法を把握してから行おう・マナ~を守って慎重に

合掌

どのように執り行われるか

お焼香

昨今、葬式の形態も多種多様になっており、対象も人間だけではなくペットなど時代のニーズに合わせて葬式の幅も広がってきています。それでも変わらないのは遺体の処理として火葬が導入されている部分であり、一般的には日本では火葬以外は認められていないので、どの葬儀場の葬式でも火葬が行われています。そんな火葬の中でも近年注目を集めている葬式として、家族葬というものがあります。一般的な葬式は家族や親族のほかにも、知人や会社の人間など親族以外の人間が参列するものとなっています。それに対して家族葬とは、家族や親族だけで行われるこじんまりとしたシンプルな葬式のことを指しています。これは核家族化が進行してきた現代社会では一般化されつつある形式であり、高齢化社会による参列者の減少なども要因となっています。家族葬のメリットとしては、一般的な火葬よりも参列者が少ないので用意するお弁当代金などの費用を抑えることができますし、家族や親族だけで執り行われるので余計な気遣いをする必要がなく、落ち着いて葬儀を進行させることが可能となっています。これらのことから家族葬が一般化されつつあり、多くの葬儀場で導入されている形態となっています。葬儀場の側としても準備する内容が簡略化することができるというメリットがありますし、会場もそこまで大きいものを用意しなくていいので、通常の葬儀場と比べるとこじんまりとした施設で行われることが多くなっています。